お墓Q&A

お墓の種類

寺院墓地、公営墓地、民間霊園の違いを教えて!

寺院墓地

 大抵はお寺の境内にあり、その寺院が管理している墓地のことです。
 寺院墓地のお墓を得るということは、そのお寺の檀家※1になることが前提となっている場合がほとんどなので、必ずそのお寺の行事やお付き合いの仕方について確認しておいた方がよいでしょう。
同時に住職の人柄についても、長く信頼してお付き合いができるかどうか考慮に入れる必要があります。
 利点としては、手厚く供養して頂けるという点があります。
お墓が境内にあるので法要を本堂で営めます。
また頼めばいつでも僧侶が読経して供養してもらえます。
お寺の中にあるので管理面も安心です。

公営墓地

 都道府県、市町村などの地方自治体が管理・運営している墓地です。
申し込みや問い合わせは、各都道府県や市町村役場になります。
 公営墓地は、墓地にとってもっとも重要な永続性が保証されていて、永代使用料や管理費が安く抑えられてます。
また、自治体が管理しているので、宗旨・宗派による申し込み制限などの宗教的な制約は一切ありません。
ただし、契約に関してはいろいろと条件がつきます。
例えば、現住所がその自治体にある、お墓の継承者がいる、遺骨があるなどの条件です。
募集に関しても随時行っているわけではありません。募集があっても大抵が希望者が多いため、抽選制で購入が困難なのが現状です。
また、大規模開発のところが多く、立地面で不便なところも少なくありません。
申し込みにあたっては十分な検討が必要です。

民間霊園

 財団法人や社団法人が運営していたり、民間が宗教法人から運営の委託を受けている霊園で、宗教宗派を問わずに申し込むことができます。
 公営墓地に比べると永代使用料や管理費などが多少割高になってますが、遺骨の有無などで申し込みに制限がかけられていることはほとんどありません。
墓地によっては、お墓のデザインや大きさなどを自由に選択できる場合もありますが、石材店は指定されている場合は多いようです。