お墓Q&A

宗教・宗旨・宗派について

宗教法人の運営する墓地
イラスト  宗教法人(主に寺院)の運営管理する墓地には、寺院が檀家のために主に境内地に設けられたものと、宗旨、宗派に特に制限を設けずに広く使用者を募集するものがあります。
 民営霊園の多くは後者のタイプで、立地や環境も様々で数も多く、利用しやすい霊園を選べるなどのメリットがあり、また、どのようなお墓を建てるかも自由がきくというケースも多いようです。
 ただし、民営霊園であっても様々な制約が課せられている場合や、境内地の墓地でも宗旨、宗派の制限がない場合も中にはあるようです。
 墓地を決める前によく確認をする必要があるようです。
宗旨・宗派について
イラスト  宗旨や宗派についての対応はさまざまです。
 宗旨・宗派一切不問であれば、購入後もどんな宗教に属しても構わないということになります。
 いっぽう、「宗派不問」ということであれば、伝統的な仏教であればオーケーと解釈したほうが良いでしょう。
 これに対して、「過去の宗派は不問」ということであれば、購入後には、その墓地を経営する宗教法人(寺院)の檀家になることが条件だと解釈すべきでしょう。その場合、檀家としてを支えていくことが必要になり、寺院の行事への参加、お布施などの付き合いも必要になります。
 また、後々の法要などでもその寺院にお願いする事になるわけですから、住職の人柄も考慮してお墓の購入を決める必要があるでしょう。
使用者の権利義務
①宗旨・宗派の制限はどうなってるか
②区画がきっちり明示されているか
③管理費はどうなっているか
など確認しておきましょう。