お墓Q&A

お墓の費用について

お墓を買う時にはどんな費用がかかるの?

永代使用料

 お墓を建てる時に「お墓を買う」と言いますが、正確には「永代使用権を買う」という事で、土地を所有する権利を買うわけではありません。ただし、永代使用権の内容や制度はそれぞれの契約によって異なりますから、契約内容を十分確認してから買ってください。墓地の永代使用料は安い順に公営・民営・寺院と言われています。
とはいっても限られた予算で墓地をほしいという人がいた場合、公営がいいとは限りません。
なぜなら、公営での墓地面積は最低4㎡と大きな区画しかない場合があるからです。
一方、民営の場合は1㎡以下で販売されているケースもあるようです。
狭さを我慢すれば予算内で購入できるかもしれません。
ですので、いろいろと見学に行き、よく考えながら選んでください。

墓石費用

 墓石の本体と外柵と工事費の3つが必要な建墓の費用とされます。
墓石の値段は石の大きさと種類で数十万円から1000万円以上と言われています。
ですが、単純に価格が品質を反映というものでもないようです。
その理由のひとつとして、石の種類により取れる量に差があり、その多い少ないによって価値が決まってくるということがあげられます。
 墓石に一番必要なことは耐久性です。
良い墓石の定義は3点あり、「硬度が高く」、「水を吸いにくく」、「石そのものに傷やムラがなくキメが細かい」ことです。
現在、よく使われている墓石は磨くと光沢の出る花崗岩で、価格は石の色合いや組成物質の違いによってかなりの幅があります。

管理費

 墓地にある施設の維持・管理(参道整備、水道設備、駐車場、緑地、墓地掃除)などに要する費用で毎年、支払うことになっています。
東京の公営墓地では1㎡あたり620円~、民間霊園では5,000円~1万5,000円程度、寺院墓地ではお布施や冥加金の名目で6,000円~2万4,000円程度(寺院施設の使用料も含む)必要とされています。
都市型霊園の方が郊外の霊園より多少高額の場合が多いようです。
 管理費は滞納すると使用権を取り消される要因にもなるので(特に民間霊園)忘れないで支払うようにしましょう。