お墓Q&A

お墓の購入

お墓はいつ求めたらいいの?

思い立ったら吉日
仏教では、過去、現在、未来で物ごとを考えます。そして、これを合わせて三世(さんぜ)と言います。
一番大切なのは現世で、過去でも来世でもありません。
生きている人を基本にした仏教本来の考えは、お墓をいつ建てたら良いという決まりはありません。
大切なのは供養する気持ちなのです。
 ただ、一般的には遺骨はあまり長く自宅に置かない方がよいので、可能なら(お墓がある場合)四十九日の法要までには納骨を行いたいものです。
それが無理なら一周忌法要までにお墓を建てて納骨するか、遅くとも三回忌までには行いたいものです。
 お墓を買うという事は、費用的にも労力的にも大変なことです。最近では、寿陵墓(=生前墓)を購入する人が増えてきており、自分で納得のいくお墓を求められるのは幸せなことだと思います。
お墓や仏壇や礼拝物などは(どんな高価なものでも)相続税の対象にならないので生前にそれらを買われると節税対策にもなります。
必然的にその分のお金は生前の資産から差し引かれるので、後に残った家族の相続税の負担を軽減することができます。
また、不動産取得税・固定資産税などもお墓に関してはかからないので、税金の心配をしないで持っていることができます。