お墓Q&A

霊園の使用規定

墓地にはどんな取り決めがしてあるの?

墓地には公営・民営・寺院を問わず、使用する際にいろいろと制限がかけられます。
「使用規定」の基準に当てはまらないと使用が認めてもらえなかったり、守らないと返還を求められたりすることもありますので、将来を見据えて、墓地を購入する際は必ず「使用規定」をじっくり読み、内容を十分確認する必要があります。

使用規定チェックポイント7項目
1. 宗教・宗派の規定
寺院墓地の場合は、同じ宗派でないと入れませんが、公営・民営の場合は大丈夫です。
2. 納骨すべき遺骨があるか?
公営墓地の場合、遺骨がないと申し込みができない場合が多いです。
3. 石材店の指定
民営霊園の多くの場合、指定石材店から墓石を購入することになります。
寺院墓地の場合も、石材店が指定されている場合があります。
4. 墓石の指定
形や大きさなどに規定がある場合があります。
5. すぐに墓石を建てなければなかないか?
遺骨がなくても、数か月以内に、墓石を建てなければならなかったり、外柵だけは整備するように求められることがあります。
6. 管理料の支払い方
3年前納という場合もあります。
7. 墓地使用権の取り消しの条件
管理料滞納の場合、使用権を取り消されるケースもあります。