お墓と仏事辞典

和型墓地

和型墓石  江戸時代から広く使われている伝統的な墓石です。
現在も日本の墓地の多くはこの和型で、一番上に家名などを彫る竿石、次いで上台石、中台石、そして芝石(下台石)といわれる敷石を置いた四段構造(和型四段構造)、あるいは敷石を置かない三段構造(和型三段構造)が基本構造になります。
 和型墓石が現在も日本のお墓で最もポピュラーで、主流なのは、見た目も安定感があって美しく、さらに昔からのお墓ということで親しみやすさがあります。
しかし、時代とともに和型墓石も変化し、様々な加工が加えられて、最近では伝統的な外観ながらもモダンを取り入れたものもあります。